業界内の平均月収を調べるのが楽しい

楽しみといえば、専ら私が属していた業種の平均月収を調べることです。無職ですが日雇いバイトで生活費を捻出している私は、過去の私の栄光を確かめたいがあまり突拍子もない行動に出ました。

それが、採用される気もないのに過去に務めていた会社と同業種の会社に面接を受けに行って、そこの従業員の平均月収を質問するということです。もちろん採用される気がないので、志望動機などを聞かれたら完璧には答えられません。

しかしながら、私は準備さえしていれば確実な受け答えができるので問題はないと思っています。呆れ果てられることは数え切れないほどありましたが、だいたいの会社で従業員の平均月収を聞き出すことに成功しました。過去は大手企業で働いていた私からしてみれば、どの会社も私以上に報酬を得ているサラリーマンが所属していないことを思い知らされました。

景気が良くなっているはずなのですが、やはり私の能力が高すぎたせいで過去にお金をたくさんもらっていたのだと感じたのです。しかしながら、私としてはそろそろ真面目に就職してお金を安定的に稼ぐ必要があります。

一方で、真剣になればいつでも採用されるので、今のお金に関しての趣味を継続します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です